編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ビッグデータ分析は3000億円市場に--2020年までには無線センサ網も拡大

NO BUDGET

2013-12-19 19:17

 矢野経済研究所は12月19日、日本国内のビッグデータアナリティクス市場に関する調査結果を発表した。2012年の事業者売上ベースの市場規模は1097億円。2012~2020年の年平均成長率(CAGR)は15.3%で推移して2020年には3422億円に達すると予測している。

 9~11月に国内ITベンダーとユーザー企業などを対象に調査。調査では、ビッグデータ市場のうちビジネスインテリジェンス(BI)や統計解析、数値解析、テキストマイニング、ソーシャルリスニング、レコメンドエンジン、アクセス解析、画像解析、センサデータ解析に活用されるソフトウェアやSaaS、それらのインテグレーションとハードウェア、解析サービスやコンサルティングといった人的サービスを対象とした。今後の市場予測、展望では2020年までを対象期間とし、短期と中期と長期の3期間に分けて考察した。

 短期(2012~2014年)では、BIツールなど既存ツールの普及が進むとともに、非構造データの解析などへのトライアルも進展し、解析受託サービス市場も拡大する見込みという。

 中期(2015~2017年)では、簡易な解析ソフトウェアなどが登場し、ビッグデータアナリティクス市場の裾野が拡大。センサデータも増え始め、新たな価値を見出すための動きが活発化するとみている。

 長期(2018~2020年)では、ビジネス運営にデータを活用することが一般化され、データ流通のインフラが重要性を増し、データマーケットプレイスなど新たな産業の創出が予測される。ワイヤレスセンサネットワークも本格導入の動きがみられ、ビッグデータアナリティクス市場は継続的な成長が見込まれるとした。


ビッグデータ全体市場における動向と将来展望(矢野経済研究所提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]