編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

VMware ESXとESXiに脆弱性--IPAとJPCERT/CC

NO BUDGET

2013-12-25 19:59

 VMware ESXとESXiにおいて、任意のファイルにアクセス可能な脆弱性が存在することが判明した。この脆弱性情報は、7月19日にJPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)が届け出を受けたもので、JPCERT/CCが製品開発者と調整した上で、情報処理推進機構(IPA)セキュリティセンターとJPCERT/CCが、両者が共同で運営する脆弱性対策情報ポータルサイトJVN(Japan Vulnerability Notes)において12月24日に公表した。

 この問題について、開発者が提供する情報を基にパッチを適用するよう呼び掛けている。

 影響を受けるシステムは以下の通り。

  • VMware ESXi 5.5 without patch ESXi550-201312001
  • VMware ESXi 5.1 without patch ESXi510-201310001
  • VMware ESXi 5.0 without patch update-from-esxi5.0-5.0_update03
  • VMware ESXi 4.1 without patch ESXi410-201312001
  • VMware ESXi 4.0 without patch ESXi400-201310001
  • VMware ESX 4.1 without patch ESX410-201312001
  • VMware ESX 4.0 without patch ESX400-201310001

 これらのシステムでは、仮想マシンファイル記述子の処理に問題が存在し、ESXまたはESXiの任意のファイルにアクセス可能な問題が存在する。そのため、vCenter Serverにおいて、Add New DiskまたはAdd Existing Diskを実行できる権限を持っているユーザーによって、ESXまたはESXiの任意のファイルが読みとられる可能性がある。なお、開発者によると、VMware vCloud Directorのユーザーによる本脆弱性を使用した攻撃はできないとのこと。

 本脆弱性に関する情報はこちら

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]