編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

IT支出、企業規模で格差--大企業は“第3のプラットフォーム”に積極的:IDC

山田竜司 (編集部)

2014-01-07 16:20

 IDC Japanは1月7日、国内IT市場の企業規模別の2013年上半期の分析と2013~2017年の市場規模予測を発表した。2013年は景気の回復から企業の業績が改善し、多くの企業でIT支出が伸びたが、従業員1000人以上の大企業とそれ以下の中堅中小企業(SMB)では、回復の差が生じているという。2013年のIT支出額は、大企業が前年比1.2%増の6兆5523億円、SMBが前年比0.2%増の3兆5328億円を見込んでいる。

  2013年のIT支出額を詳細に見ると、従業員1~99人の小規模企業で前年比0.2%減の1兆607億円、従業員100~499人の中小企業で前年比0.3%増の1兆5544億円、従業員500~999人の中堅企業で前年比0.7%増の9177億円、従業員1000人以上の大企業で前年比1.2%増の6兆5523億円となっている。

 大企業は金融緩和政策や円安から恩恵を受ける一方、SMBは恩恵を受けられない場合もある。そのため、2014年のIT投資は金額と内容の両面で格差が開いていくとした。大企業は、クラウドやモバイルデバイス、ビッグデータ、ソーシャル関連という、いわゆる“第3のプラットフォーム”に積極的という。その一方で、企業規模が小さくなるにつれて、資金と人材の不足からIT投資を抑制すると説明している。


2011~2013年 国内IT市場 企業規模別 支出額予測 官公庁、教育、消費者は除く(IDC提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]