編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

ビットアイル、Salesforceデータ可視化ツール導入--見込みから受注までを一覧

NO BUDGET

2014-01-14 17:04

 ビットアイルは、「Salesforce」上のデータを可視化するツール「MotionBoard for Salesforce」を導入した。ウイングアークが1月14日に発表した。

 ビットアイルでは、クラウドやインターネットデータセンター(iDCサービス)、マネージドといったサービスなどの営業活動に2010年12月からSalesforceを活用し、営業リードや案件の可視化に取り組んできた。だが、マーケティングリードから案件化、受注への流れを管理するには、Salesforce標準のレポート機能だけでは足りず、データを抽出してExcel上でレポートを作成していたという。

 MotionBoardの導入は、マーケティング部門による評価版のトライアルから始まり、ウェブや電話による問い合わせなどのプロモーションチャネルでの月ごとのマーケティングリード獲得数、見込数(営業リード)、案件数、受注数を一覧でき、現在と将来の観点で容易に予算と実績を把握できるようになったという。

 2013年6月の正式導入以後は営業部門にもMotionBoardが展開され、案件管理などに利用されるようになった。受注確度を色分けして単月と累計の予算と実績を一目で把握できるようにしたり、気になるデータを詳細までドリルスルーして現状を容易に把握したりしている。

 「スナップショット」機能で先週と今週の変化や着地の差分分析なども行っているという。MotionBoardをマーケティング部門と営業部門で共有することで、営業チームのミーティングにマーケティング部門の担当者も参加し、営業の目線に立って施策について議論できるようになったとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]