編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

NEC、ワンボックス化したUCゲートウェイ新製品

NO BUDGET

2014-01-22 17:26

 NECおよびNECインフロンティアは1月22日、中小規模事業所向けのオフィスコミュニケーションゲートウェイ「UNIVERGE Aspire UX」の機能を強化し、2月5日に新製品として出荷を開始すると発表した。


「デスクトップコミュニケータUC100」画面例

 今回の機能強化では、プレゼンス表示やチャットなどの機能を、追加サーバを用いずUNIVERGE Aspire UXワンボックスで提供するほか、多機能電話機とスマートフォンの連携機能の追加、ビデオ通話機能の拡張など、ユニファイドコミュニケーション(UC)を実現する機能を強化した。この新機能はUNIVERGE Aspire UXの既存ユーザに対しても、必要機器の追加やソフトウェアアップデートなどを通じて提供される。なお、UNIVERGE Aspire UXの想定価格は今回の機能強化による変更はなく、56万4000円(税別)のままとした。

 機能強化の主な内容は次の通り。

  • プレゼンス表示をサーバレスで実現する「デスクトップコミュニケータUC100」をリリース
     一般的には専用サーバの構築を必要とすることが多いプレゼンス表示やチャットなどの機能をUNIVERGE Aspire UXに標準搭載することにより、UC環境をワンボックスに低コストで簡単に構築できる
  • スマートフォン連携オプション「BCAユニット」をリリース
     多機能電話機底面に装着し、スマートフォンを利用登録することで、スマートフォンへの着信を多機能電話機で応答、多機能電話機の通話をスマートフォンに切り替えるなどの操作が可能。また、スマートフォンの電話帳や発着信履歴から多機能電話機で発信を行うことができる。
  • ビデオ通話機能の拡張
    これまで2拠点のみ対応していたSIP対応ビデオ通話端末によるビデオ通話を、最大4拠点まで拡張。専用MCU(多拠点接続装置)サーバが不要で、低コストで多拠点ビデオ会議を導入できる
  • 新PHS端末「Carrity-NW」のラインアップ追加
     従来機種より大幅に小型化を行い、医療や介護の現場などでニーズの多い防水機能や、カラーLCD化、ショートメッセージなどの機能を強化した新PHS端末「Carrity-NW」(2013年11月発売)に対応。UNIVERGE Aspire UXが持つ、一度に複数台(8台以下)の構内PHS内線子機端末を呼び出す機能と組み合わせ、サービス付き高齢者住宅など、低コストな簡易ナースコールシステムや、倉庫や工場など、一斉呼び出しシステムとして活用できる

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]