編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内
大河原克行のエンプラ徒然

One Microsoft実現の礎--マイクロソフトリサーチの挑戦 - (page 2)

大河原克行

2014-01-29 11:30

 一方で、基礎研究開発の拠点となっているMicrosoft Researchの取り組みも紹介した。

 今回紹介した技術は、いずれも中国・北京に拠点を持つMicrosoft Research Asiaが研究しているものだ。

 「Urban Computing」は、センサ、デバイス、人、乗り物、建物などから発信される情報を地域の課題解決に生かすもので、タクシーのセンサやSNSの情報から、都市の変化を動的に把握。どこまでいけば効率的にタクシーを拾えるかといった利用方法や、空気の良い場所を探してジョギングするためのお勧めルートを選択して表示するといった使い方ができる。

センサ、デバイスなどから発信される情報をもとに、地域の課題解決に生かすUrban Computing
センサ、デバイスなどから発信される情報をもとに、地域の課題解決に生かすUrban Computing

 さらに、3D FACEとしてDNN(Deep-Neural-Network)コンピューティング技術により、これまで以上に自然で、高精度な音声認識、音声合成を可能にした技術を紹介した。これは2012年1月に発表した、感情表現パラメータを活用し、合成音声と唇の同期、本人の声による音声合成を実現する3Dリアルタイム表示技術を進化させたもので、3D FACEでは、スマートフォンのカメラで、人を360度撮影すると、スマートフォン上に3Dで顔を表示し、この画像を指一本でリアルタイムで動かせる。

 また、3Dプリンタにおける最適化技術も研究しており、プリント処理で壊れやすい、あるいは形状の再現が簡単ではないといった3Dブリントの課題に対して、強度計算の実行や、中身をメッシュ構造にすることで、造形物を頑丈にしたり、重心の位置を考慮しながら3Dプリントできるようになるという。

3D FACEでは、スマートフォン上に3Dで顔を表示
3D FACEでは、スマートフォン上に3Dで顔を表示
重心の位置を考慮しながら3Dプリントを行うことができる
重心の位置を考慮しながら3Dプリントを行うことができる

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

お勧めコンテンツ PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]