MS、電子フォーム作成ツール「InfoPath」を終了へ--新技術に取り組む

Mary Jo Foley (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2014-02-03 13:45

 しばらく前からうわさされていた通り、Microsoftは電子フォーム作成ツール「InfoPath」の提供を終了する予定だ。

 Microsoft関係者らは、自社サイト「Office Blogs」への1月31日付の投稿でこのニュースを認めた。この投稿には、電子フォーム作成技術の今後について以下のように記されている。

 われわれは投資を合理化し、「Office」フォームのより統合されたユーザー体験を実現する取り組みとして、InfoPathの提供を終了するとともに、「SharePoint」「Access」「Word」にまたがる新たなフォーム作成技術への投資を進めている。つまり、「InfoPath 2013」がデスクトップクライアントの最終リリースであり、そして「SharePoint Server 2013」に組み込まれている「InfoPath Forms Services」がInfoPath Forms Servicesの最終リリースということだ。「Office 365」に組み込まれているInfoPath Forms Services技術は今後も保持され、別途通知があるまで機能する。

 この投稿で関係者はさらに、Microsoftが「次世代のフォーム作成技術」を構築しながら「移行に向けたガイダンス作りに取り組んでいる」と述べ、InfoPath 2013およびSharePoint Server 2013でのInfoPath Forms Servicesのサポートについて、Microsoftは2023年4月まで継続するとした。同社はOfficeフォームの今後について、「年内に」さらなる詳細を明らかにする予定だとしている。また、3月に開催される同社のSharePoint Conference 2014で、開発中のものの一部を披露するとしている。

 MicrosoftはInfoPathを、「Office 2003」の一部として最初に提供した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]