モバイルファーストという不可逆

エンタープライズモバイルにおけるUIとUX(後編)

千葉友範(デロイト トーマツ コンサルティング) 2014年02月25日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前編では、エンタープライズモバイルとしてのユーザーインターフェイス(UI)とユーザーエクスペリエンス(UX)の基本的な考え方について整理してきた。今回は具体的な事例を交えながら、UI/UXが考慮されている場合とされていない場合、どのような差があるのかをご紹介していく。例えば、筆者がクライアント企業とタブレット導入時に交わす典型的な会話の一つを紹介する。

 クライアント担当者:「タブレットを導入したら、営業マンたちの売り上げアップを期待してもいいでしょうか」

筆者:「全員というわけではないと思います。そもそも今回のタブレットは誰に使ってもらいたいのですか」

クライアント担当者:「販売成績が振るわない営業担当者です」

筆者:「では、その人たちをターゲットにしてペルソナを設計しましょう。販売成績が優秀な方はタブレットがなくても売れますよ。ところで成績が振るわないのはどんな方たちでしょうか」

クライアント担当者:「若い世代が多いです。市場の全体が見えていないため、自分が得意な地域にばかり時間を使う傾向にあります。もっと優先的に攻める市場が見えていません」

筆者:「ペルソナのITのリテラシーはどんなレベルですか」

クライアント担当者:「低くはないと思います。若手社員の多くはスマートフォンやタブレットを持っています」


 その後、いく度かクライアントとの会話を続けて設定されたペルソナを基に、図のようなUIが出来上がった。ここで注目したいのが、UIの変化である。これまでは「市場の全体が見えていないので、自分が得意な地域ばかり攻めようとする」というコメントから、当該月の目標予算や達成率、前年同月比といったいくつかの指標をリストで表示させ、全体を可視化していた。

 しかし、前編の干渉効果の例を思い出してほしい。これでは、どこを攻めるべきなのか、一見しては分かりにくい。一方、改善後は同項目を、グラフィカルに表現している。しかも、色と円の大きさで直感的に現在のステータスを表現している。例えば、関東の場合、円の大きさは他のエリアより大きい。これは予算額がほかよりも大きいことを示している。グラフの中身は、目標達成率が75%であることを示している。

 最後にグラフの色は、信号機と同じ発想で、「赤」「黄」「青」という3段階で、前年同月比の状態を示している。つまり、関東の営業成績は、目標予算の達成状況は悪くはないが、前年比にはおよばないことを示している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

PRお勧めコンテンツ

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算