編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

XPサポート終了で特需--企業PCの出荷が5割増

山田竜司 (編集部)

2014-02-12 13:17

 IDC Japanは2月12日、日本国内の2013年10~12月(第4四半期)と2013年の年間PC市場の出荷実績値を発表した。2013年第4四半期の国内PC出荷台数は、前年同期比17.8%増の435万台となり、2013年の年間では、前年比0.2%増の1562万台だった。

 2013年のPC出荷台数の内訳は、家庭市場が前年比22.3%減の586万台、ビジネス市場が同比21.4%増の976万台。家庭市場は、タブレットなどの影響によりマイナス成長になったが、ビジネス市場は景況の改善と年4月9日に予定されているWindows XPサポート終了 に伴う買い替え需要もあり、二ケタ成長となった。2013年のベンダー別動向は、ビジネス市場に顧客を持つDellが前年比28.5%増、家庭市場向け出荷比率が高いソニー、Acer、Asusなどはマイナス成長だった。

 2013年第4四半期のPC出荷台数は、前年同期比17.8%増の435万台、家庭市場が同比15.0%減の158万台、ビジネス市場が同比51.1%増の277万台となった。家庭市場は、慢性的な不振だが、ビジネス市場は50%以上成長した。IDCは大企業だけでなく、中小企業、公共など多くの団体でWindows XPサポート終了に伴う買い替えが進んでいるためと説明している。2013年第4四半期のベンダーシェアでは、上位5社の中からDellが前四半期から順位を1つ上げた。

 上位シェア5社別に見るとNEC lenovoグループの出荷台数は、前年同期比29.3%増の114万台。シェアは26.3%だった。ビジネス市場で売り上げを伸ばし、家庭市場での落ち込みも抑えた。富士通の出荷台数は、前年同期比24.3%増の89万台。シェアは、前四半期から0.4ポイント増の20.5%。ビジネス市場で前年同期比で成長率60%増、全体では20%以上成長した。東芝の出荷台数は、前年同期比6.8%増の53万台。東芝はポータブルPCの顧客が多く、ビジネス市場でのデスクトップPC買い替え需要の恩恵を受けられなかった。Dellの出荷台数は、前年同期比51.9%増の48万台。ビジネス市場だけでなく、家庭市場で台数を伸ばし、シェアは、前期から0.3ポイント増の11.0%。日本ヒューレット・パッカードの出荷台数は、前年同期比26.2%増の41万台。家庭市場のマイナス成長が影響し、シェアは前期から1.6ポイント減の9.4%になった。

 IDCは「家庭市場向けPCの出荷台数は2006年から2012年まで徐々に増え、ビジネス向け出荷台数とほぼ同じになったが、2013年は出荷台数が減少し2006~2007年の状態に戻った」と分析している。


2006~2013年 国内PC市場出荷台数/前年成長率 家庭/ビジネス別(IDC提供)

2013年第4四半期 国内クライアントPC出荷台数トップ5ベンダーシェア、対前年成長率(IDC提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]