編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」
アジアのIT

企業が知っておくべき東南アジア消費者の7つの特徴 - (page 3)

Enterprise Innovation日本版

2014-02-17 17:32

#6:環境にやさしい製品への注目

 欧米の消費者と同様、近年は東南アジアの消費者も、環境問題をはじめ、「オーガニック」や「グリーン」な製品への関心を示し始めている。とはいえ、地域によってその方向はさまざまだ。例えば、マレーシアの消費者は、製品の原産地を知り、それがオーガニックの適正基準を満たしているかどうかを知りたがる傾向にある。同地域では、55%の消費者が、「社会的な責任をよりきちんと果たしている企業の製品であれば、他社製品より多少値段が高くても購入したい」としている。この数字は、全世界の他地域を上回り、米国を20%も引き離している。

 東南アジアでは、企業の社会貢献も、製品の売り上げを支える重要な点と言えそうだ。

#7:「便利さ」が重要

 「便利さ」は、世界のあらゆる地域でもっとも大きな価値を持つように見えるが、東南アジアの場合も例外ではない。世界各地の大規模の市場で都市化が進む中、東南アジアの顧客のライフスタイルの利便性向上を実現すれば、企業にとっても大きなメリットが生まれるだろう。商品のパッケージや買い物のロケーション、POSなど、消費者はいま、便利さを第一に求めている。

 都市部への人口流入が進めば進むほど、より便利な製品が、東南アジア地域の市場でも、引き続き勝利を収めるだろう。

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookTwitterRSSメールマガジンでも情報を配信しています。

画像
Enterprise Innovation日本版
Enterprise Innovation は、アジア地域で成功を収めている企業が、競争優位を獲得するために、テクノロジーをどのように経営戦略に活用しているか、その分析とともに示唆、情報を提供します。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]