編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

日新製鋼、基幹系システムの外部委託契約を更新--自社で企画立案と業務設計

山田竜司 (編集部)

2014-02-17 16:47

  日新製鋼は基幹業務システムのアウトソーシング契約を更改した。日本IBMが2月17日に発表した。日新製鋼は2004年4月から基幹業務システムをアウトソーシングしている。今回の契約は2019年3月までとなっている。

 日新製鋼は、鉄鋼業としての中核業務の競争力をより一層強化するため、基幹システムを継続的な業務変革を支えるものに進化させる。加えて、低コストで安定的に運用、維持できる基盤の整備を進めていく考え。今回の契約更改では、この方針の実現を目指し、日新製鋼がシステムの企画立案と業務設計、エヌアイ情報システム(NIIS)がシステムを具現化し、日本IBMがNIISを支援していく体制をとるなど各社の役割を明確化した。

 契約更改にあたり、日本IBMではグローバル標準に準拠したサービスを提供するほか、基幹システムをクラウド環境で構築し災害対策などを拡充してきた方針を継続、強化する。

 開発から保守までのライフサイクル全体の視点からのシステムの開発、構築、保守体制を目指し、経営方針に対応したシステム開発とコスト削減に注力する。加えて、両社企画力を強化するため、業務とITの両方の知識とスキルを持ったシステム人材を育成するとした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]