人事制度を改革--ネットワンに見るワークスタイル変革の在り方 - (page 2)

中城朋大 (インサイト) 2014年02月18日 13時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 ポイントの1つは、上司のマネジメント責任を明文化することにある。出席してほしい会議がある場合やチームの運営に支障をきたす場合は、テレワークの日を変更できる。急なトラブルや会議が発生した場合は出社を命令できる。事前申請や報告がない場合はテレワーク利用の停止も可能だ。これにより、マネジメント層の不安を和らげるという。

 もう1つのポイントは、テレワークなどを利用する従業員の自由度を高めることだ。テレワークを利用する際は前日までに上司にメールで申請しておけば、勤務開始時刻を報告する必要はない。勤務終了もメールで報告し、確認のフィードバックを得るだけで良い。スケジュールはチーム内で共有しており、テレワークを誰が行うかチーム内で調整できるようにしている。

ワークスタイルの沿革 ネットワンが進めてきたワークスタイルの沿革
※クリックすると拡大画像が見られます

 「テレワークでは、リアルなコミュニケーションが不足すると思われがちだが、情報の不足をリアルなコミュニケーションで補おうとするため、コミュニケーションはむしろ密になるケースもあった。制度を推進するためには、ビデオメッセージや社内報を使った啓発活動を根気強く行っていくことが大切だ」(同氏)

 それぞれの制度は、以下のような仕組みになっている。

 テレワーク制度は、対象者を2つに分類できる。

 1つ目は、時間を含めた自己管理ができており、テレワーク時の成果を提示して、それを実行できる従業員。経営陣から新入社員まで、すべての従業員を対象に選ばれる。もう1つは、テレワークを臨時で利用できる従業員。災害や生活事情、交通事情などから出勤が難しい場合に備えたもので、業務の非効率さを削減することが目的だ。

 在宅勤務の場合、利用単位は1日か半日で、利用回数に制限はない。時間外労働は原則禁止だ。フレックスタイム制度は、非管理職の従業員を対象としており、コアタイムは10~15時。「1日あたり7.5時間」×「1カ月の労働日数」で計算する。

 シフト勤務制度は、顧客のニーズによって業務上の必要性が出た場合の夜間勤務などに使用される。また仕事と家庭の両立を図るため必要と認められた場合に使用できる。

時間外労働の削減へ

 下田氏によると、新制度導入の背景には、「成果創出をもっと加速する」「顧客と従業員のニーズに対応する」「過剰労働を削減する」の3つがあったという。1つ目の成果創出の加速は、同社の目標である営業利益率10%達成に向けて一人ひとりの生産性を向上を図るもの。

 2つ目の顧客と従業員のニーズへの対応は、一人ひとりが仕事の在り方によって勤務時間や勤務場所を選択できるワークスタイルを作ること。3つ目の過剰労働の削減は、行政への対応や社員のメンタルヘルスケアをすすめるもの。

 これを実現させるために、仕組み(制度)から変えてしまう、自らモルモットになり変化を起こしてみるという人事戦略をこれまでに実施してきた。

 今後人事部が重視していく指標としては、「顧客満足度のさらなる向上」「多様化する従業員ニーズへの対応」「時間外労働の時間数削減」を挙げた。

 1つ目の顧客の満足度のさらなる向上では、課題となっている訪問回数や対応時間について、テレワーク制度やフレックスタイム制度で時間を有効に活用していく。2つ目の多様化する従業員ニーズへの対応では、仕事のやり方を複線化し、65歳まで長く社員を惹きつけられる会社を目指す。最後の時間外労働の時間数削減では、従業員1人あたりの時間外労働数と過重労働者の比率をさらに削減していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]