編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

“新幹線品質”が当たり前--サイボウズが強化するクラウド事業の要諦

齋藤公二 (インサイト)

2014-02-19 15:48

 サイボウズは2月17日、2013年12月期の決算事業説明会を開催。2月13日に公表した連結決算を踏まえ、2014年の活動方針などを説明した。2013年に好調だったクラウド事業を強化するため、2014年はクラウドに強いシステムインテグレーター(SIer)との協業、大規模組織への提案強化、セキュリティやインフラ基盤の信頼性向上の3つに注力する。

 サイボウズは2012年12月期から決算期を1月末から12月末に変更。そのため2012年12月期は2~12月の11カ月の変則決算となっている。同社の2013年12月期は、売上高が約10億円増の51億9700万円(前年同期比で26%増)、営業利益が2億600万円減の2億8800万円(前年同期比で42%減)、経常利益が2億3200万円減の2億6400万円(前年同期比で47%減)の増収減益となった。

青野慶久氏
サイボウズ 代表取締役社長 青野慶久氏

 減益の要因は、下期にクラウド関連サービスの開発や広告宣伝を行ったためで、「10年先を見て利益を削って投資する方針」(代表取締役社長の青野慶久氏)であることを強調した。このため、2014年12月期の業績予想では売上高が3.9%増の54億円だが、営業利益や経常利益、当期純利益をゼロと異例の数字にしたことも、積極的な投資姿勢を示したものだという。

 「AmazonやSalesforceのようなクラウド事業者は、利益を出さずに赤字のまま拡大している。それに対抗していかないといけない。現預金は35億円あり、財務的に安定している。このタイミングでのチャレンジであることをご理解いただきたい」(同氏)

 2013年の事業の概況としては、クラウドサービス「cybozu.com」の有料契約者数が2014年2月に6000社を突破するなど好調だとした。売上ベースでみると、パッケージが2012年の38億円から43億円に伸びる中、クラウド事業(cybozu.com)は2億5900万円から8億9700万円と3倍に伸びた。直近の売り上げは月間で1億円を超えており、年間で12億円は達成できる見込みだという。

 2013年の取り組みとしては、エコシステムの推進、継続的な機能改善、信頼性の強化の3点に取り組んできたことを振り返った。

 エコシステムでは、開発者向け技術情報提供サイト「cybozu.com developers」を開設し、JavaScriptなどでのカスタマイズ機能の拡充やAPI情報を広く公開した。他社システムとの連携を推進し、業務アプリケーションのプラットフォームであるPaaSの「kintone」との連携策を数多くリリースした。

 たとえば、応研「大臣」シリーズ、アプレッソ「DataSpider Servista」、OBC「商奉行・蔵奉行」シリーズ、日本オプロ「OPROARTS」、オープンストリーム「Biz/Browser」、ウイングアーク「SVF」、OSK「SMILE BS」などだ。

 kintoneの導入事例としては、インテリア雑貨ブランド「Francfranc」を展開するバルスがExcelで行っていた購買部門の発注残管理をkintoneに移行し、DataSpider Servistaを使って基幹システムと連携させている事例を紹介した。

 2つめの継続的な機能改善については、グループウェアの「サイボウズ Office」でユーザーごとに利用するアプリケーションをカスタマイズできる機能、大規模環境向けグループウェアの「Garoon」でモバイル管理機能、ソーシャル機能、ビジネスインテリジェンス(BI)ダッシュボードなどを追加したことを説明した。2013年の製品リリース回数は計158回にのぼったという。

 3つめの信頼性の強化については、11月にクラウドサービスの未知の脆弱性発見に対し、総額300万円の報奨金を支払うイベント「cybozu.com Security Challenge」を開催したこと、各クラウドサービスの運用実績を公表し、多くのサービスが99.99%級を実現していることをアピールした。青野氏によると、稼働率の高さは障害から自動復旧するプログラムの成果だという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]