海外拠点を持つ企業のアプリケーション集約化、半数が失敗--ガートナー予測

山田竜司 (編集部) 2014年02月27日 15時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本企業は海外進出を目指している。その流れの中で注意したいのが、ITガバナンスをどうやって展開するかということだ。そうした状況からガートナー ジャパンは以下のような予測を明らかにしている。

 2017年までに、海外拠点を持つ日本企業の60%がアプリケーションの集約化に着手するが、その半数が戦略や組織体制、人材の欠如から失敗する――。

 海外展開をひと段落した日本企業では、効率化と全体最適、リスク管理などを考慮して、グローバルでITガバナンスを強化する段階に入りつつある。だが、グローバルな視点でITにかかわる戦略や組織体制、人材育成に取り組んでいる企業は非常に限ら れているとガートナーは指摘する。

  同社の調査によれば、IT人材の育成について日本の本社が把握している比率は特に低く、2割未満にとどまるという。海外展開の課題として、5割以上の企業が「海外拠点におけるITの状況把握」ができていないと説明。これらの状況から、日本企業がグローバルのビジネス成長に寄与するIT支援体制を構築するまで、しばらく時間を要すると予測する。

 戦略や組織体制、人材が十分伴わないまま、安易にアプリケーションの集約化を進めることは、スケジュールの遅延や予算の超過につながり、“使われないアプリケーション”を生み出すことで、ITガバナンスが低下する恐れもあるとしている。

 IT部門は、まず海外拠点のITの正確な実態を把握することに努め、その後アプリケーション集約化を推進するべきとし、効果を生み出すための組織能力が自社に備わっているか、客観的に判断する必要があるとしている。その上で、アプリケーションの各領域で目標とするガバナンスのレベルを設定、グローバルでの競争に必要なニーズに沿ったIT人材を育成することが、一層求められると提言している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算