編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
IBM Pulse 2014

開発環境、ミドルウェア、アプリケーションも--Pulse基調講演はクラウド一色 - (page 2)

怒賀新也 (編集部)

2014-02-25 16:50

WebSphereをクラウドで

 BlueMixにも関連しているが、既存のアプリケーションをクラウドに拡張するため、定義済みのソフトウェアのパターンを通じて、WebSphereなどのミドルウェアを、IBMが買収したクラウドサービスであるSoftLayerに導入することも発表した。

 「Software Patterns on SoftLayer」では、200以上のアプリケーションとミドルウェアのパターンをSoftLayerで利用できるようにする。すでにオンプレミスで稼働中のアプリケーションをクラウドに載せられるようにすることで、IBMは既存ユーザーにクラウド化を促せるようになる。

SoftLayer強化にPower System

 さらに、SoftLayerの品質や利用範囲を拡大するため、「IBM Power Systems」をクラウド基盤のインフラとして採用すると発表した。

 今後、SoftLayerのPower Systems上で「Watson」を提供する。さらに、データやアナリティクス性能に合わせた「DB2 BLU」や「Cognos」などのデータサービス、仮想化の仕組みでPower Systemsをオンデマンド基盤として顧客に提供するInfrastructure as a Service(IaaS)などを提供する予定だ。

「エコシステム」を積極推進

 クラウド推進にあたり、IBMはクラウドアプリケーション展開の簡素化と迅速化に注力するオープンテクノロジの推進団体と協働していく考えを表明した。

 IBMのフェローで、クラウド&スマーターインフラストラクチャ担当のDave Lindquist氏は「(さまざまな推進団体が形成する)エコシステムの成長を通じてクラウドコンピューティングの採用を推進している」と指摘。

 ベンダーロックインを避けるオープンなクラウドアーキテクチャを推進するためには、オープンなテクノロジが必要だと話していた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]