編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内
IBM Pulse 2014

開発環境、ミドルウェア、アプリケーションも--Pulse基調講演はクラウド一色 - (page 2)

怒賀新也 (編集部)

2014-02-25 16:50

WebSphereをクラウドで

 BlueMixにも関連しているが、既存のアプリケーションをクラウドに拡張するため、定義済みのソフトウェアのパターンを通じて、WebSphereなどのミドルウェアを、IBMが買収したクラウドサービスであるSoftLayerに導入することも発表した。

 「Software Patterns on SoftLayer」では、200以上のアプリケーションとミドルウェアのパターンをSoftLayerで利用できるようにする。すでにオンプレミスで稼働中のアプリケーションをクラウドに載せられるようにすることで、IBMは既存ユーザーにクラウド化を促せるようになる。

SoftLayer強化にPower System

 さらに、SoftLayerの品質や利用範囲を拡大するため、「IBM Power Systems」をクラウド基盤のインフラとして採用すると発表した。

 今後、SoftLayerのPower Systems上で「Watson」を提供する。さらに、データやアナリティクス性能に合わせた「DB2 BLU」や「Cognos」などのデータサービス、仮想化の仕組みでPower Systemsをオンデマンド基盤として顧客に提供するInfrastructure as a Service(IaaS)などを提供する予定だ。

「エコシステム」を積極推進

 クラウド推進にあたり、IBMはクラウドアプリケーション展開の簡素化と迅速化に注力するオープンテクノロジの推進団体と協働していく考えを表明した。

 IBMのフェローで、クラウド&スマーターインフラストラクチャ担当のDave Lindquist氏は「(さまざまな推進団体が形成する)エコシステムの成長を通じてクラウドコンピューティングの採用を推進している」と指摘。

 ベンダーロックインを避けるオープンなクラウドアーキテクチャを推進するためには、オープンなテクノロジが必要だと話していた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]