編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

デジジャパン、飲食業界向けクラウドのレポートに「WebFOCUS」採用

山田竜司 (編集部)

2014-02-26 15:47

 デジジャパンは、飲食業界向けクラウドサービスのレポート機能にビジネスインテリジェンス(BI)基盤「WebFOCUS」を採用した。アシストが2月25日に発表した。

 デジジャパンは、クラウドを軸にサービスを国内外に展開している。主力となるSaaS型飲食業界向け統合システム「Delious」では、ユーザー企業に店舗ごとの売上速報や仕入れ、在庫、人件費を定型で分析できるレポート機能を提供していた。このレポート機能は、販売時点情報管理(POS)システムのデータを分析して管理する。

 これまでレポート機能を実装していたPHPではグラフ作成の難易度が高く、提供できるレポートはクロス集計表などに限られていた。グラフを活用した視覚効果の高いレポートを作りたいという要望を受けるとともに、より保守しやすいシステムを求めていたという。

 デジジャパンでは、レポートシステムの刷新を決定、導入では機能や既存システムへの組み込みのしやすさ、価格、開発生産性の観点から製品を選定し、費用対効果や操作性からWebFOCUSをクラウドサービスの基盤となるデータベースは、垂直統合型システム「Oracle Database Appliance X3-2」を利用した。

 新しいレポート機能の構築は春から開始され、本格的な運用開始は夏頃を予定する。デジジャパンは、Deliousのサービス強化後、流通業界向け包装システムやクリーニング業界向け店舗管理システムにもBIを使ったレポートの利用を拡大する予定。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]