編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

アクロニスとウイングアーク、DR分野で協業--バックアップを遠隔地に転送

NO BUDGET

2014-02-27 17:12

 アクロニスとウイングアークは2月26日、協業を発表した。製品を連携させて災害復旧(DR)対応策を提供する。

 バックアップソフトウェア「Acronis Backup & Recovery 11.5」とウイングアークのデータ転送ツール「CLOUD TRANSPORTER」を連携させる。Backup & Recovery 11.5でシステムバックアップから生成された、遠隔地で復元が可能なバックアップアーカイブをCLOUD TRANSPORTERで転送する。

 ネットワーク経由で遠隔地へのバックアップアーカイブの移動やコピーの際に長時間を要する課題を解決できるという。プライベートクラウドやパブリッククラウドなど環境を選ばず、即座に利用できるとしている。

 Backup & Recoveryは物理環境や仮想環境、クラウド環境に対応し、使いやすさを追求したというソフトウェア。CLOUD TRANSPORTERは、ネットワーク帯域を最大限に活用し、大容量のデータや大量のファイルを高速に転送できるとしている。販売は、アクロニスではディストリビューターとリセラーから、ウイングアークでは自社とパートナー企業から、それぞれが手掛ける。

連携イメージ
連携イメージ(ウイングアーク提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  2. 経営

    店長のいない自動車ディーラーが考える自立型組織を育成するITシステム

  3. ビジネスアプリケーション

    改正電子帳簿保存法とインボイス制度で、請求書業務はこう変わる

  4. 運用管理

    「PCリプレースの理想は3年」「テレワークは依然進まず」ハイブリッドワーク時代のPC管理の課題とは

  5. ビジネスアプリケーション

    マンガで解説、クラウドを活用して年末調整の負担を劇的に減らし労務の生産性を向上させるには

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]