編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

警察共済組合、PCログインに指静脈認証システムを導入

山田竜司 (編集部)

2014-02-27 16:22

 警察共済組合は業務PCのログインに指静脈認証システムを導入した。製品を提供した日立製作所が2月26日に発表した。

 警察共済組合は、本部と支部49カ所、関連機関29カ所の計79カ所で職員が利用する業務PC約700台に指静脈認証装置を2月1日から導入した。指の静脈を装置にかざすことで本人を認証、不正アクセスの防止を目指している


 警察共済組合はこれまで、職員が業務PCを利用する際、OSや業務システムへのログイン時に、IDとパスワードを入力していた。指静脈認証システムの導入で職員は業務システムをシングルサインオンで利用できるようになる。なりすましによる不正アクセスを防止でき、より強固なセキュリティを確保できると説明する。

 今回の指静脈認証システムは、プライベートクラウド型で構成され、全国各拠点の業務PCに設置された指静脈認証装置で読み取った指静脈データを、認証サーバにネットワークを通じて送信し、本人を認証する。

 警察共済組合は、地方公務員等共済組合法に基づき1962年に設立された共済組合。現在、組合員は警察職員約30万人などで構成される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]