編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

「cybozu.com」上のサービスの脆弱性発見で検証環境を常設で提供

山田竜司 (編集部)

2014-02-28 09:00

 サイボウズはクラウド基盤「cybozu.com」上で稼働するサービスの脆弱性を発見するため、常設型の「脆弱性検証環境提供プログラム」を2月26日から開始した。

 サイボウズは、脆弱性発見コンテスト「cybozu.com Security Challenge」を2013年11月に開催。実運用している環境と同じスペックで回線やサーバなどが物理的に分かれたシステムを用意したことで、安全に検証できたと顧客から好評を博したという。

 これにより、cybozu.comは提供する全サービスの検証環境を常設で提供することを決めたとという。サービス導入時に独自に検証する企業も同環境を利用できる。通常の検証と違い、脆弱性発見の間口が広いため、想定外の使い方からしか発生しないような脆弱性の発見も可能になるしている。

 対象となるサービスは「サイボウズ Office」「Garoon」「kintone」「メールワイズ」「共通管理」。サービス利用にはサイボウズの規約に同意する必要がある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]