編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

DTS、保守一括化サービスを開始--3年でコスト4割削減も

山田竜司 (編集部)

2014-02-28 15:21

 DTSは、システム保守を一括化する「AMOサービス」の提供を2月に開始した。情報システムの保守にかかわる業務を一括受託する。利用企業は、保守一括化によるコスト削減とベンダー管理負担の軽減による業務効率の向上を図れる。

 AMOサービスはシステム保守業務の診断、引継、保守、改善提案を総合的に実施するサービス。サービスでは、顧客のシステムが抱えている保守業務の課題を抽出し、保守サービスの一括化よる業務の改善や保守費用の削減案を顧客に提案する。次に既存システム固有のくせや知見を引き継ぎ、サービスデザインを策定、保守体制を移行する。

 その後は保守業務を実施しながら、定量的なデータに基づき継続的に業務改善をする。対象システムについて、統合や更改も視野に入れて保守を効率化し、コスト効率を改善するという。

 DTSは大手証券会社のシステムの保守業務を一括化し、3年間で約37%のコスト削減に成功した例を挙げた。サービスの提供を開始した時点で15社に発注していた90の保守業務を移管し、管理を一元化したことの効果だとしている。

 業務改善や保守費用削減案の診断サービスは無料。その後の診断サービスは有料だとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]