編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

ライトオン、SaaS型ポイントカード管理サービスを採用--分析やプロモーション機能も

山田竜司 (編集部)

2014-03-05 11:20

 服飾メーカーのライトオンは、メンバーズカードシステムの刷新を決定した。顧客への付加価値向上と効果的な販売促進を目指し、4月1日からの新カード運用にSaaS型ポイントカード管理サービスを採用する予定だ。富士通マーケティング と富士通エフ・アイ・ピーが2月28日に発表した。

 ライトオンではこれまで、店舗でのメンバーズカード、オンラインショップ、メールマガジンの会員情報を個別に管理しており、店舗とオンラインでのポイントサービスには互換性がなかった。

 このため、店舗とオンラインショップの購買履歴の比較や顧客分析、購買分析、キャンペーン実施後の効果などを測定できず、販売促進の計画立案に課題を抱えていた。さらに4月からの消費税増税により、個人消費の落ち込みが懸念されるため、新規顧客の開拓が必要だったという。

 ライトオンは課題解決手段として、富士通エフ・アイ・ピーのメンバーズカードシステム「ValueFrontポイントサービス」を採用した。

 ValueFrontポイントサービスは、ポイントカードの会員登録や会員証表示、顧客の購買動向の分析、検証、販促メールの配信などの機能を持つSaaS型ポイントカード管理サービス。また販売時点情報管理(POS)システムとリアルタイムでの接続が可能な点を特徴としている。

 導入により、店舗とオンラインショップのポイントサービスを共通化できたほか、顧客の購買データを分析し、会員属性と利用状況に合わせた効果的なセールや、キャンペーンなどの施策が可能になるという。

 今後ライトオンでは、Valuefrontポイントサービスの機能からソーシャルメディアを活用したプロモーションやサービスを提供し、会員獲得を強化するという。


構成図

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]