編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
松岡功の一言もの申す

知られざる「Windows Azure」の戦略転換

松岡功

2014-03-04 12:00

 米Microsoftがこのほど日本国内にデータセンターを設けて増強を図ったパブリッククラウドサービス「Windows Azure」。その過程には、知られざるパートナー戦略の転換があった。

Microsoftと富士通の“特別な関係”

 日本マイクロソフトが先ごろ、Windows Azureのためのデータセンターを国内に開設したことを発表した。その内容については関連記事を参照いただくとして、ここでは、今回の発表に至るまでの過程で、MicrosoftがWindows Azureのグローバルなパートナー戦略を大きく転換した知られざる動きに注目し、そこからWindows Azureに込めた同社の野望に迫ってみたい。

 まずはその戦略転換を象徴した動きについて紹介しておこう。日本マイクロソフトが国内でのデータセンター開設を発表したのと同時に、富士通がMicrosoftとの連携強化に基づくクラウドサービス「FUJITSU Cloud PaaS A5 for Windows Azure」を提供開始すると発表した。

 これは、富士通がこれまで国内の自社データセンターから提供してきたWindows AzureベースのクラウドサービスをMicrosoftのデータセンターに移設し、サービスとしてリニューアルしたものだ。富士通ならではのさまざまな付加価値サービスを用意しているが、ミソとなるのは、Windows Azureの利用料金が日本マイクロソフトと同一価格であるということだ。こうした“特別な関係”がどうして生まれたのか。

 遡ってみると、MicrosoftがWindows Azureのグローバルなパートナー戦略として当初進めていたユニークな協業形態に起因している。ユニークな協業形態とは、MicrosoftがWindows Azureで富士通、HP、Dellと戦略的提携を結び、同サービスを運用できるシステム基盤を開発するとともに、3社のデータセンターからそのシステムを活用したクラウドサービスを提供できるようにしたことだ。

 Microsoftにすれば、Windows Azureの運営そのものを委託する格好で、3社のグローバルなビジネス展開力を借りて、同サービスを一気に普及させたいという思惑があったようだ。3社の中でも、MicrosoftはHPやDellに先行して、富士通との協業サービス展開を2011年6月に発表。同年8月から富士通の国内データセンターから提供されてきた“富士通版Windows Azure”には多くの顧客企業が名を連ねている。

Microsoftが戦略転換した理由

 ところが、Microsoftは2013年後半、この協業形態を転換。運営委託の協業形態を取りやめ、Windows Azureはすべて自前のデータセンターで運営する形にした。結局、HPとDellとの協業は何も進まないまま消滅したが、富士通がすでに提供しているサービスについては前述した形になったわけである。

 今回の国内データセンター開設の発表会見に伴って来日したMicrosoftのWindows Azure事業責任者であるゼネラルマネージャーのSteven Martin氏に戦略転換の経緯について聞いてみると、次のような答えが返ってきた。

 「当初、運営委託の協業を模索したのは、パートナー企業で主体的に事業を進めたいという要望が強かったからだ。しかし、その後Windows Azureそのものの事業規模を拡大して経済性を追求していくためには、当社が主体になってデータセンターを拡充し、パートナー企業には、その基盤を利用して連携あるいは付加価値サービスを広げていってもらう方が市場のニーズに合致していると判断した。富士通との関係もそうした流れの中で進化し、今に至っている」

  Martin氏は、戦略の“転換”ではなく“進化”だと言いたげだ。見解が分かれるところだが、その意味合いがどうというより、この動きで肝心なのは、なぜMicrosoftは自前のデータセンターでの運営にこだわるのか、だ。Martin氏が言うように「Windows Azureそのものの事業規模を拡大して経済性を追求していく」という目的もあるだろう。最新技術を迅速に適用できるなどのメリットも、もちろんある。

 ただ、ビジネスの観点から大きいのは、パブリッククラウドならではの特徴で、顧客のデータを自前のデータセンターで管理することで顧客と直接コンタクトを持てるようになる点だ。すなわち“顧客の囲い込み”をガッチリできるわけである。Microsoftの大いなる野望はまさにここにあると筆者は見ている。

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]