編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

日本IBM、インシデント対応を支援する緊急対応サービス--他社製品でも対応

NO BUDGET

2014-03-04 18:26

 日本IBMは3月4日、セキュリティインシデントが発生した際にプロフェッショナルを派遣して支援する「エマージェンシー・レスポンス支援サービス(Emergency Response Service:ERS)」の提供を開始した。サービスの税別価格は年額490万円から。

 ERSは、専門的なインシデント対応スキルを持つIBMのプロフェッショナルが支援することで、的確で迅速な有事対応を実現し、事故前提社会におけるインシデント対応の要請にユーザー企業が対応できるよう支援するというもの。IBM以外の他社製品も含むプラットフォームや製品を対象とし、ユーザー企業の環境にあわせて柔軟に対応するという。

 平常時は、セキュリティ対策チーム(Computer Security Incident Response Team:CSIRT)やインシデント担当者と定期的に打ち合わせてユーザー企業の環境を把握し、企業のインシデント対応力の向上を支援する。インシデント発生時は、まず電話でアドバイスすることで待つことなく迅速に初動対応できるという。

 必要に応じて現地で状況に即して記録保管、ログ分析、改ざん状況の調査、被害拡大防止策の策定、インシデント分析、復旧対応、再発防止策策定なども支援する。インシデントを検知する、IBMのマネージドセキュリティサービス(Managed Security Service:MSS)とERSを併用することで、検知から対応までを総合的に支援し、より的確で迅速にインシデントに対応できるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]