編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

NECとHP、SDNでも協業--対応ネットワーク機器を相互接続

NO BUDGET

2014-03-04 19:14

 NECと米Hewlett-Packard(HP)は3月4日、これまでの協業関係をSDN(Software-Defined Networking)領域に拡大することに合意したと発表した。

 今回の協業では、ネットワークのSDN化を促進するため、対応するアプリケーションや開発環境を広く市場に提供する。アプリケーションベンダーと連携し、オープンな標準仕様にもとづいて動的に仮想ネットワークをコントロールする機能を持つアプリケーションを拡充させていく。

 マーケットプレースを通して提供することで、SDNの利用価値を高めるオープンなエコシステムを確立する。両社はすでにSDN領域の標準化を進める組織で活動しており、アプリケーションから仮想ネットワークをコントロールするためのAPIの標準化も推進する。

SDN領域でのエコシステム
SDN領域でのエコシステム(NEC提供)

 両社は、SDNに対応したネットワーク機器(SDNスイッチ)と、それらを動的に制御する管理ソフトウェア(SDNコントローラ)間の相互接続性を強化し、SDN対応のネットワーク基盤をグローバルに提供する。具体的には、NECのSDNコントローラとHPのSDN対応スイッチを相互に接続させるとともに、NECの“Virtual Tenant Network(VTN)”アプリケーションとHPのSDNコントローラを相互に接続させる。

 VTNは、NECが開発する仮想テナントネットワーク技術。物理的なネットワークを共有した上で、ソフトウェアで設定する論理的なネットワークを構成できるようにする。

SDN対応ネットワーク機器を相互に接続
SDN対応ネットワーク機器を相互に接続(NEC提供)

 今回の協業拡大で、アプリケーションベンダーも含めたオープンなエコシステムを実現し、特定企業に依存しないICT基盤を構築できるとしている。SDN領域は今後、急激に利用が拡大することが見込まれ、オープンな標準仕様にもとづいてアプリケーションからネットワークを柔軟に制御できる仕組みが求められており、両社の合意はこれらのニーズに応えるという。ユーザー企業は、ニーズにあわせて業務やセキュリティ、ユニファイドコミュニケーションなどのアプリケーションに適した仮想ネットワーク環境や通信品質(QoS)を柔軟かつ迅速に更新、変更できるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]