あなたの家での行動はすべてお見通し--家庭に導入されるセンサがもたらす未来

Nick Heath (TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2014年03月07日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートメーター(通信機能を備えた電力量計)といくつかの簡単なセンサ類を家に設置するだけで、そこに住む人々についてどういったことが分かるのだろうか?実はさまざまなことが分かってしまうのだ。

 IBMのBen Hardill氏は、同僚のBharat Bedi氏が夕食に食べたものについて描写している。

 Hardill氏はその夕食に招待されたわけでもなく、調理中の匂いをかいだわけでもない。同氏はその家の敷居をまたぎさえしていない。折れ線グラフを目にしただけで、Bedi氏がミートボールスパゲッティを味わったと見抜いたのだった。

 その折れ線グラフとは、Bedi氏の自宅が1日の間に消費した電力量をプロットしたものだ。このグラフ自体は何の変哲もない。しかし、そこに示されているデータと、家庭内のセンサ類から収集した情報を組み合わせて分析すると、以下で解説するように、その家に住む人々の日々の生活についてかなりのことが分かる。


Bharat Bedi氏の自宅における行動の概要
提供:IBM

 Bedi氏の自宅の1日のデータを分析することで、IBMの研究者らは家の中の出来事を推定できた。1日を通じた家庭内の電力消費量や、一酸化炭素と二酸化炭素のレベル、室温、湿度をグラフにプロットすることで家事の内容が判断できたのだ。

 Hardill氏は「例を挙げると、われわれはシステムが食器洗浄機の動作を認識できるように設定した。すると、この(電力消費の)急上昇が既知のパターンである食器洗浄機のものであると判断できるため、それが1日に2回使用されたことが分かる」と述べた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算