編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

ソフトバンク孫社長のアメリカンドリーム--米国での高速ネット接続事業提供をアピール

怒賀新也 (編集部)

2014-03-12 18:53

ソフトバンク代表取締役社長の孫正義氏は米国時間3月11日、ワシントンDCで講演した。ここでは、講演内容を絵で紹介する。

米SprintがT-Mobileを買収するとの話が持ち上がっている中、Sprint会長を務めるソフトバンクの孫正義社長は、米国のブロードバンド環境の課題を指摘しながら、自らその市場をカバーしたいという強い意思を強調した。

この写真では、モバイルインターネットが米国のイノベーション、経済、教育の水準を引き上げるというテーマを掲げている。

ソフトバンク代表取締役社長の孫正義氏は米国時間3月11日、ワシントンDCで講演した。ここでは、講演内容を絵で紹介する。

米SprintがT-Mobileを買収するとの話が持ち上がっている中、Sprint会長を務めるソフトバンクの孫正義社長は、米国のブロードバンド環境の課題を指摘しながら、自らその市場をカバーしたいという強い意思を強調した。

この写真では、モバイルインターネットが米国のイノベーション、経済、教育の水準を引き上げるというテーマを掲げている。

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]