編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

成果に不満足、プレゼンス低迷--グローバル化ランキングに見る日本企業の弱点

三浦優子

2014-03-13 08:00

 早稲田大学理工学部経営システム工学科とアクセンチュアは3月12日、日本企業のグローバル化ランキング「グローバリゼーション・インデックス」を発表した。東証一部上場企業の売上上位20社を対象に、海外売上比率、海外資産の割合と直接対外投資金額、海外人材の登用、売り上げ全体の伸びという4つの要素に基づき算出した。

 上位10社はトップの日産自動車をはじめ、自動車関連企業が4社と高い比率となった。その一方で、グローバルで事業を展開する企業の事例と比べ、日本企業の遅れも目立ち、収益に関してもアジア各国で比較すると、満足度が低い結果となっている。

プレゼンスが徐々に低下する日本企業

大野髙広氏
早稲田大学 理工学術院教授 大野髙広氏(工学博士)

 調査は、同学科の大野研究室が公表されている4つの要素に基づいてランキングを算出。その結果に対し、アクセンチュアが考察を加え日本の先進企業の事例からグローバルでの持続的な成長を実現する取り組みの方向性をまとめた。

 「インデックスモデルは、中味が分からずブラックボックスになりがちだが、今回の調査は、専門家でなくても誰にでも分かるものを作ってみた。使用したのは公開データだけなので、調査の限界はあるものの、大きな流れをつかむという点では外していない」(早稲田大学 理工学術院教授で工学博士の大野髙広氏)。上位10社は表の通り。

表:グローバリゼーション・インデックスの上位10社
1日産自動車
2武田薬品工業
3トヨタ自動車
4TDK
5本田技研工業
6ブリヂストン
7ダイキン工業
8野村ホールディングス
9三菱商事
10国際石油開発帝石

 上位10社は総売上の半分以上を海外で達成。11位から100位までの企業の海外売上比率が46%なのに対し、上位10社平均は63%となっている。固定資産税についても約半分が海外所有で、従業員も半数以上が海外在住。売り上げの伸びについてもグローバルで売り上げを拡大させている。

 業界別では、自動車・自動車部品業界は売り上げの大半が海外からで、グローバル化が最も進み、先進企業は差別化、競争力維持に向けて持続的なイノベーションを進めている。

 電子部品・半導体業界でも売り上げのグローバル化が最も進んでいる業界で、主戦場を売り上げの上下が激しい消費者向け商材から自動車のような分野などポートフォリオの多様化が進められている。

 医薬品業界はグローバル化への取り組みは遅かったものの、近年の海外投資規模は大きい。従来のビジネスモデル変革で価格圧力への対応、特許の影響での金銭的影響を最小化する試みが展開されている。

石川雅崇氏
アクセンチュア 戦略コンサルティング本部 マネジング・ディレクター 石川雅崇氏

 こうした日本企業の取り組みに対し、アクセンチュア 戦略コンサルティング本部 マネジング・ディレクターの石川雅崇氏は「90%以上の日本企業が海外事業に高い投資意欲をもち、特にリーマンショック回復以降は積極的に投資している」を現況を解説した。

 「その一方で、別な調査ではアジア各国の中で海外投資に対するリターンに満足する企業の割合が日本は一番少なく、“Fortune Global 500”にリストされる企業は10年間で20社減、インターブランドの“100 Best Global Brand”にリストする企業は7社にとどまるなど、プレゼンスが徐々に低下している事実もある」と石川氏は指摘した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]