編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

富士通、海外向け事業体制を再編--社長直轄の5リージョン体制に

山田竜司 (編集部)

2014-03-13 17:43

 富士通は4月1日から海外向け事業体制を再編する。アメリカ、アジア、オセアニア、日本の4つの地域(リージョン)に欧州や中東、インドとアフリカの“EMEIA”を加えた、社長直轄の5リージョン体制にする。3月13日に発表した。

 海外ビジネス部門の営業と物流の機能を再編。海外ビジネス部門のコーポレートとマーケティングの機能を本社に統合し、世界を一貫して統括する、ガバナンスマネジメントシステムを構築する。これにあわせて、海外ビジネス部門で世界中の拠点に在籍するサービスデリバリー部隊を統括する「グローバルデリバリー部門」を新設する。

 グローバルデリバリー部門は、ソリューションやサービス、ビジネスオペレーションなどの横断機能を集約し、各地域での商談に対応する。世界で均質なサービスを迅速に提供する体制を整備するという。


5リージョン体制

4月1日からの新体制

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]