HBA、iDCユーザー向けにサイバー攻撃対策--疑わしい通信を検知

NO BUDGET 2014年03月18日 20時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 HBA(札幌市)は3月18日、同社のインターネットデータセンター(iDC)サービス「HBA-iDC」ユーザー企業を対象としたサイバー攻撃対策サービス「Hi-NetChecker」の提供を開始した。セキュリティ製品を提供したトレンドマイクロが同日発表した。

 Hi-NetCheckerは、トレンドマイクロのネットワーク可視化アプライアンス「Deep Discovery Inspector(DDI)」でデータセンター内外のネットワークを監視する。疑わしい通信が発生した場合はHBAがユーザー企業にレポートすることで、サイバー攻撃からシステムを守るという。

 データセンターを経由するメール送受信やウェブ通信のほか、標的型攻撃に使われる外部のコマンド&コントロール(C&C)サーバとの通信、ウイルスに感染した企業内の端末とデータセンターの疑わしい通信も検知する。

 検出された脅威は、トレンドマイクロからトレーニングを受けたHBAのエンジニアが分析、可視化してレポートする。ユーザー企業の要望で脅威が検知された場合にHBAのエンジニアが訪問し、ユーザー企業のネットワーク状況をより詳細に調査する環境診断サービス、脅威の駆除、障害復旧支援などのオプションサービスも提供する。

 日頃からデータセンターを管理するHBAのエンジニアが監視することで、従来のウイルス対策ソフトやファイアウォール、不正侵入検知システム(IDS)、不正侵入防止システム(IPS)では検知できない不正な挙動をいち早く察知してデータセンター内の情報をサイバー攻撃から守れるという。サイバー攻撃の兆候をとらえ、包括的なセキュリティ対策を講じられるとしている。

 税別のサービス費用は、1グローバルIP監視で月額7万8000円(当初契約期間1年)。オプションで提供される緊急アラート診断対応サービスは個別見積もり。HBAでは、今後3年間で300社へのHi-NetCheckerの導入を目指す。

Hi-NetCheckerイメージ
Hi-NetChecker提供イメージ(トレンドマイクロ提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算