編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

RHEL向けAMCサポートを日本HPからも提供--レッドハット、OpenStackの拡大狙う - (page 2)

中城朋大 (インサイト)

2014-03-20 10:45

 最後のデータセンターモダナイゼーションについては「OSSインテグレーションセンター」を中心に支援する。OSSインテグレーションセンターは、レガシーやWindowsベースのシステムからLinux/OSSへの移行を支援する取り組みで、2013年9月に設立された。

 現在は、43社のパートナーとエコシステムを形成しており、移行のロードマップを無償で作成するワークショップなどを展開している。設立から半年で50社以上の相談が寄せられており、すでに10社以上が移行を決めるに至ったという。

 パートナーとのエコシステムの拡充については、ABCDの4つの分野の認定パートナーを現在の250社から500社に倍増させていく計画だという。「特に、Windowsのノウハウを持つISV(独立系ソフトウェアベンダー)やアプリケーション開発パートナーなどと協力していきたいと考えている。Windowsの業務アプリケーションについて、マルチデバイス対応、クラウド対応という方向で支援したい」(古館氏)

Jim Totton氏
Red Hat 副社長兼プラットフォーム事業部門長 Jim Totton氏

 米Red Hat副社長兼プラットフォーム事業部門長のJim Totton氏によると、現在ベータテスト中の次版となるRHEL 7は安定性や柔軟性、効率性の観点からRHEL 6から大きく変更するという。具体的には、標準のファイルシステムが「EXT4」から「XFS」になることで容量が500Tバイトに拡大するとしている。

 RHEL 7では、Active Directoryとの相互運用性が高まると説明。管理アーキテクチャに「OpenLMI」を採用することで管理が簡素化されるという。年内のリリースを目標にベータテストを行っているが、4月に米国で開催されるイベント「Red Hat Summit」ではより詳しい情報を伝えることができるとした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]