編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

RHEL向けAMCサポートを日本HPからも提供--レッドハット、OpenStackの拡大狙う - (page 2)

中城朋大 (インサイト)

2014-03-20 10:45

 最後のデータセンターモダナイゼーションについては「OSSインテグレーションセンター」を中心に支援する。OSSインテグレーションセンターは、レガシーやWindowsベースのシステムからLinux/OSSへの移行を支援する取り組みで、2013年9月に設立された。

 現在は、43社のパートナーとエコシステムを形成しており、移行のロードマップを無償で作成するワークショップなどを展開している。設立から半年で50社以上の相談が寄せられており、すでに10社以上が移行を決めるに至ったという。

 パートナーとのエコシステムの拡充については、ABCDの4つの分野の認定パートナーを現在の250社から500社に倍増させていく計画だという。「特に、Windowsのノウハウを持つISV(独立系ソフトウェアベンダー)やアプリケーション開発パートナーなどと協力していきたいと考えている。Windowsの業務アプリケーションについて、マルチデバイス対応、クラウド対応という方向で支援したい」(古館氏)

Jim Totton氏
Red Hat 副社長兼プラットフォーム事業部門長 Jim Totton氏

 米Red Hat副社長兼プラットフォーム事業部門長のJim Totton氏によると、現在ベータテスト中の次版となるRHEL 7は安定性や柔軟性、効率性の観点からRHEL 6から大きく変更するという。具体的には、標準のファイルシステムが「EXT4」から「XFS」になることで容量が500Tバイトに拡大するとしている。

 RHEL 7では、Active Directoryとの相互運用性が高まると説明。管理アーキテクチャに「OpenLMI」を採用することで管理が簡素化されるという。年内のリリースを目標にベータテストを行っているが、4月に米国で開催されるイベント「Red Hat Summit」ではより詳しい情報を伝えることができるとした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]