国土地理院の地図が3Dで公開--3Dプリンタのデータも公開

山田竜司 (編集部)

2014-03-21 07:30

 国土地理院は、ウェブで公開中の「地理院地図」に3次元で見られる「地理院地図3D」を3月19日から公開した。3Dプリンタに出力できるデータもダウンロードできる。

 ウェブサイトでは、地理院地図から配信している地図データ(地理院タイル)と標高データ(標高タイル)を利用して、ウェブ上で回転させながら見られる。3次元の地形図は、今後、社会資本の管理や防災業務をはじめ、学校教育などで利用できる。特に防災業務では3次元で災害の様子が分かるため、災害対策や研究に有効なのではないかと説明している。

 地図情報に詳しいNRIの高橋睦氏は「3次元地形図の商用利用は有料だが、3D模型は、都市計画やまちづくり、環境教育、防災教育などに有用。住民交えたワークショップなどの議論に役立つ。無料で検討の基盤となるツールを提供する点に価値がある」と解説している。


つくば市の3D地図

伊豆大島の被害も3Dだと判断しやすい

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]