編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

SDNとNFVは補完関係--ブロケード、仮想ルータソフトの販売を本格化 - (page 2)

齋藤公二 (インサイト)

2014-03-20 17:27

 「2014年はそこに向かうために、新しい付加価値サービスを提供することがキーになる年」(青葉氏)

 国内事業戦略としては、ターゲットとして通信事業者、クラウドサービスプロバイダー、データセンター、大企業を挙げた。CTCとネットワールドとディストリビュータ契約を結んだほか、パートナー契約にあらたに「ソフトウェア ネットワーキング」カテゴリを追加。既存のBrocade IPパートナーについても追加契約なしで「Brocade Software Networking」製品を販売できるようにした。

 説明会には、ディストリビュータ契約を結んだCTC エンタープライズ技術推進部部長 河原塚 勉氏とネットワールド 常務取締役 SI技術本部長 野村栄司氏も参加。「Vyatta取り扱いの実績や全国100箇所のサービス拠点から365日の保守サービスを提供できること」(河原塚氏)、「仮想化やSDN/NFVの取り組みの実績や全国的なパートナーシップがあること」(野村氏)といった強みをアピールした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]