編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
アジアのIT

一般企業がハッカーの習性を逆手に取る方法 - (page 3)

Enterprise Innovation日本版 Greg Bunt(Juniper Networks, Asia Pacific)

2014-03-24 12:16

ハッカーに対する有効な対策

 ハッカーに対する有効な作戦の基本は、「すぐに思い通りにはならない」と悟らせること。つまり、できるだけ攻撃をじらし、簡単には満足させないようにすることだ。最も重要な点は、ハッカーをあきらめさせることだ。攻撃にかける時間や労力、コストを増やす方法を見つけよう。攻撃事態を断念させ、他の場所で時間を使う方が得だと悟らせよう。「勝ち目がない」と思わせることも有効だ。「早いところ手を引いて他に移ろう」と思わせればしめたものだ。

 そうした対策の1つに、ウェブサイトが攻撃されると発動するトリックを仕掛け、ハッカーに正体をさらけ出させた上で、存在しないデータをハッキングするように仕向けることで、攻撃を防ぐ方法がある。例えば「ハッカーのサーバへの接続速度を低下させる」「偽のディレクトリを作成する」「壊れたアプリケーションをシミュレートする」「存在しない脆弱性に関する情報をハッカーのスキャンプログラムに大量に送り込む」などだ。

 この方法は以外にも、広いコミュニティにメリットをもたらす。ハッカーが時間を浪費すればするほど、他のサイトを攻撃する時間も減るのだ。考えただけで、「いい気味だ」と笑みがこぼれてくる。意地が悪いとは、誰も思わないだろう。

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookTwitterRSSメールマガジンでも情報を配信しています。

画像
Enterprise Innovation日本版
Enterprise Innovation は、アジア地域で成功を収めている企業が、競争優位を獲得するために、テクノロジーをどのように経営戦略に活用しているか、その分析とともに示唆、情報を提供します。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]