編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」
トップインタビュー

Yammer ピソーニCTOに聞く--エンタープライズソーシャル導入に失敗しない方法 - (page 4)

大河原克行

2014-03-27 07:30

--Yammerの対抗軸にあるChatterとの差はどこにあるのでしょうか。

 それにはいくつかの要素があります。なかでも重要なのが、社内のコミュニケーションをより高め、働き方を変えるには、社内で利用しているツールとの連携が必要であるという点です。Chatterは、Salesforceが提供するサービスで、特にカスタマーサービスとの統合では効果的です。

 しかし、Yammerは、全世界で10億人以上のOfficeユーザーとの連携が可能ですから、これまでソーシャルネットワークを使ったことがない、あるいはメールを使ったことがないというような人、現場で働いているような人でもすぐに連携が可能になるわけです。

--Yammerでは、LINEのようなスタンプ機能を導入する計画を明らかにしましたね。

 Yammerをモバイルツールとして、もっと軽快な形でメッセージが伝えられるようにしたかった。そこでスタンプに行き着いたわけです。スタンプは、米国でも人気があり、自分の感情をストレートに表すことができる。これをエンタープライズソーシャルの中でも活用したいと考えた。Yammerが目指す、よりよい働き方、より密接なコミュニケーション、より迅速なつながりを実現する上で、スタンプのようなパーソナルな親密さを感じられるものは必要です。これは、LINEを参考にしたものではなくて、これらのスタンプはわれわれがオリジナルで作り上げたものです。

--Microsoftは、デバイス&サービスカンパニーへの転換を掲げていますが、それはYammerの事業推進においてはどんな影響を及ぼしますか。

 デバイス&サービスカンパニーへの転換、それに伴う組織再編は、Yammerにも大きな影響がありました。新たな組織体制では、アプリケーションサービスグループに再編され、Exchange、SharePoint、Lync、SkypeとともにYammerの事業が推進されることになりました。この成果はこれから出てくることになりますので、ぜひ楽しみにしていてください。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]