編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

NTTファシリ、業務システムをハイブリッドクラウドに移行

山田竜司 (編集部)

2014-03-28 15:25

 NTTファシリティーズは、業務システムをハイブリッドクラウドに移行。プライベートクラウドではデータベース専用機「Oracle Exadata」を1月から稼働させている。日本オラクルが3月28日に発表した。

 NTTファシリティーズは、老朽化したデータセンターの建て替えの際、ハードウェアの増加などで複雑化し、コスト増や処理遅延などの課題を抱えていた業務システムの全面刷新を決定した。拡張性と信頼性の両立を図るため、プライベートクラウドやパブリッククラウドと社内のIT資産の運用を委託するハウジングサービスを組み合わせたハイブリッドクラウド環境の採用を決定した。

 プライベートクラウドではデータベース基盤にExadataを採用。経理部門での月次決算処理では、従来は丸1日かけて複数回に分けていたデータ抽出処理が一度で済むようになったという。全社向けシステムは最大で約5倍処理速度が向上し、各種データ登録処理の効率化、時間外作業の削減につながったとした。

 従来のシステムでは、処理遅延対策としてデータベースをチューニングしていたが、Exadataの性能でチューニング工数も削減できたと説明している。システム構築はNTTコムウェアが担当、同社の企業向けクラウド「SmartCloud」を活用している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]