編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

NTT Com、PBXのクラウドサービス--スマートフォンを内線化、無料で通話可能に

田中好伸 (編集部)

2014-03-31 17:06

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、4月1日から宅内交換機(PBX)や内線機能をクラウドから提供する「Arcstar Smart PBX」を開始する。3月31日に発表した。

 Arcstar Smart PBXはPBXの機能のほかに、ビジネスフォンで利用される小型の電話交換機(ビジネスフォン主装置)の機能も提供する。クラウド化することで設備の購入や更改、保守などの費用が不要になるとともに、機器を設置するスペースの確保や管理も不要になる。

 PBXやビジネスフォン主装置の各種設定は、ウェブサイトで変更できる。番号数や同時接続数を必要な時に必要な分だけ利用するといったことも可能になる。

 Arcstar Smart PBXを複数拠点に導入すれば、拠点間で内線通話ができる。スマートフォンに専用アプリをインストールすると、スマートフォンを内線化できる。外出先のスマートフォンからオフィスの電話に内線で通話でき、通話料は無料となる。

 今回のサービスはPCでも利用できる“デバイスフリー”という。利用人数分の電話機を購入する必要がないことから、費用を抑えられると説明。サービスを利用するための回線は、3GやLTE、無線LANなどに対応することでアクセスフリーと表現している。

 税別の料金は、月額基本料が内線グループごとに5000円、内線番号の利用料が500円、内線グループごとの新設工事が1万円となっている。今回のサービスは、外線IP電話サービス「Arcstar IP Voice」や企業向けIP電話アプリ「050 Plus for Biz」と組み合わせることもできる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

  3. 開発

    初心者でもわかる「コンテナとは?」から語るセミナー、ピュア・ストレージが最大の買収で得たものとは

  4. 運用管理

    リモートワイプ以外も充実、最新MDMのデバイス管理機能 担当者が知っておくべき3つの新常識

  5. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]