編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る
Wearable Tech Expo

「私は馬を信じている。自動車は一時の流行にすぎない」--ウェアラブルの現在地を見る

怒賀新也 (編集部)

2014-04-01 14:39

 最新のウェアラブル技術をテーマにしたカンファレンス「Wearable Tech Expo in TOKYO 2014」が3月25日から2日間の日程で開催された。ヘッドマウントディスプレイやスマートウォッチをはじめ、ヘルスケア、フィットネス、オートモーティブ、ファッションなど、国内外のウェアラブル業界のキープレーヤーが会し、最新技術や動向、展望を2日間にわたって語るイベントだ。

 Wearable Tech Expoは、米国TMC(Technology Marketing Corporation)が始めたカンファレンス。2013年7月に開催されたニューヨークに続き、同年12月にはロサンゼルスでも行われている。日本国内での開催は今回初の試みで、朝日新聞社、博報堂DYメディアパートナーズ、博報堂が主催した。

 初日の基調講演と展示ブースを中心に、写真でイベントの様子を紹介する。

 最新のウェアラブル技術をテーマにしたカンファレンス「Wearable Tech Expo in TOKYO 2014」が3月25日から2日間の日程で開催された。ヘッドマウントディスプレイやスマートウォッチをはじめ、ヘルスケア、フィットネス、オートモーティブ、ファッションなど、国内外のウェアラブル業界のキープレーヤーが会し、最新技術や動向、展望を2日間にわたって語るイベントだ。

 Wearable Tech Expoは、米国TMC(Technology Marketing Corporation)が始めたカンファレンス。2013年7月に開催されたニューヨークに続き、同年12月にはロサンゼルスでも行われている。日本国内での開催は今回初の試みで、朝日新聞社、博報堂DYメディアパートナーズ、博報堂が主催した。

 初日の基調講演と展示ブースを中心に、写真でイベントの様子を紹介する。

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]