編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

円安エンジン復活で日本株に再び上昇機運

ZDNet Japan Staff

2014-04-03 12:09

 楽天証券のチーフストラテジスト窪田真之氏が4月3日付けで公表した分析結果によると、為替市場で、再び円安(ドル高)が進み始め、今後、出遅れを取り戻す形で、4月は上昇基調が続くと予想される。窪田氏の見解は次のようなものだ。

(1)ドル/円レートと連動する日経平均

 まずは、以下のグラフAをご覧いただきたい。ドル/円為替レートと日経平均のチャートが見事なほどそっくりだ。日本経済を苦しめてきた円高の解消にしたがって、日本株が上昇してきたことがわかる。

ドル/円レートと日経平均(2013年1月~2014年3月)
上段がドル/円レート 下段が日経平均

 ほとんど同じように動いてきたのが、今年の1-3月は、円安の方が先に進んでいる。米景気が大雪による停滞を脱し、復調してきたことを為替レートが先に織り込んでいるのだと思われる。

 日経平均は4月の消費税増税の影響に対する懸念で、足元、出遅れ感が高まっている。増税後の景気の落ち込みが「想定線」ならば、4月の日経平均は出遅れを取り戻す形で上昇が続くと予想される。

(2) 為替市場で、さらに円安が進む余地が高まってきた

 日米景気の勢いが、1-3月と4-6月で逆になる。4月から、日本の景気が弱くなる一方、アメリカの景気は大雪の影響がなくなり、強さを取り戻す見込みだ。


1-3月は、ドル長期金利が上昇しなかったが、4-6月は、上昇の可能性が生じている。日米長期金利差が拡大すると、ドル高(円安)が進みやすくなる。

アメリカと日本の長期金利(10年国債利回り)推移

アメリカと日本の長期金利差(ドル金利-円金利)

ドル円為替レートの推移

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]