ビジネスの人為的な”うっかりミス”こそ、システムで守ろう--最新資料で読み解くビジネストレンド(1)

2014-04-16 12:24

セキュリティ事故の8割は人為的要因?

 一般的に、情報漏えいなどセキュリティに関する事故の8割ほどは、人的要因によって引き起こされると言われる。そのうち8割は悪意がないといわれている。

 サイバー攻撃の危険は日々取り沙汰され、こちらへの意識は高いものの、不注意ミスに関してはあまり危険性が恒常的に指摘されるようなことはない。しかし事故の件数で比較すれば、圧倒的に大きなリスクとなっているのが現状だ。

 万一の際、企業をおそう被害は甚大である。だからこそ、誰もが起こしうる「うっかり」はシステムできちんとフォローしてあげることが肝要となる。事故が起こったあとで対策を検討するのはたやすい。しかし何も起きないとき、あらためて体制を点検しておく努力は必要だ。

 そこで今回は、ありがちな単純ミスが引き起こすリスクを事前に認識し、その対策を可能にしたり、業務効率化につながるようなものを中心に、新着ホワイトペーパーをピックアップした。

本コンテンツは、シリーズでお送りしていきます。
各回とも、ビジネストレンドを反映した最新のホワイトペーパーを、テーマを設定したうえで解説付きで紹介します。ぜひお役立て下さい。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

人気キーワード
経営
セキュリティ
クラウドコンピューティング
仮想化
ビジネスアプリケーション
モバイル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]