編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

SMB向けIT市場、「支出増える」4割超で堅調--IDC調査

山田竜司 (編集部)

2014-04-11 17:42

 IDC Japanは4月10日、1月に実施した従業員規模999人以下の中堅中小企業(SMB)を対象とした「国内中堅中小企業ユーザー調査」の結果を発表した。2014年度のIT支出予算は、前年度から「増加する」が、前年度比3%増の43.0%、「減少する」は同比3%減の17.6%だった。IT支出予算の拡大を検討する企業が増えている。

 SMBでは、景気回復の影響により、これまで業績低迷のために凍結されていたシステム刷新が、2014年度以降に再開することが予測され、一部では新規投資も増加が見込まれるとした。ただし「消費税増税」「アベノミクス」の減速などの影響で、景気が冷え込む可能性もあると指摘している。

 SMBが抱える経営課題としては、「売上拡大」を挙げる企業が最も多いが、「人材不足対策」「従業員育成」といった人材面に関する課題を挙げる企業が2013年1月時の調査よりも増加している。これは、SMBでも業績が回復に向かう企業が増加しており、人材不足が深刻であるためとした。

 一方で、ITを活用して人材面の課題解決を期待するSMBは、他の経営課題と比較して少ないままという。今後も人材面の課題を抱えるSMBは増加が予測され、人材面の課題解決を支援するIT製品やサービスのニーズは高まるとした。

 IDCは、国内SMB向けIT市場では、中長期的にはサーバの仮想化/統合化、パブリッククラウドの利用拡大などにより縮小傾向と予測、市場拡大を図るためには、SMBが抱える経営課題を踏まえた新規分野の開拓が重要と強調した。


国内中堅中小企業および大企業の2014~2015年度 IT支出予算増減率(IDC提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]