編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

オラクル、ハイブリッドクラウド導入を支援する2製品を発表

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-04-15 12:52

 Oracleは米国時間4月14日、「Oracle Database Backup Service」と「Oracle Storage Cloud」サービスを発表した。ハイブリッドクラウドプラットフォームの導入をサポートするエンタープライズ級のクラウド製品だという。

 Database Backup ServiceはオラクルのPaaSポートフォリオの一部で、企業による多層的な復旧戦略の一部として組み込まれるよう設計されている。同サービスは、「Oracle Recovery Manager」(Oracle RMAN)と統合されており、Oracle RMANユーザーが使い慣れたコマンドで運用を続けることを可能にしている。また、エンドツーエンドのデータセキュリティを提供するため、クライアント側での暗号化も含まれている。


 Oracle Storage Cloudサービスでは、API互換システムがRESTやJavaを経由したデータへのアクセスを提供する。Oracleは、このシステムによって運用コストが低減し、バックアップデータの保存に対する信頼性が高まるとアピールしている。

 Oracleの製品開発担当シニアバイスプレジデントのChris Pinkhan氏によると、企業はオンプレミスとクラウド環境間の可搬性を差別化要因として求めており、インフラクラウドサービスの拡充に向けたOracleの取り組みは、こうした中で発表されたものだという。

 Oracleは4月、クラウド関連で一連の発表を行うものとみられる。4月30日には、マーケティングクラウド発表イベントを開催し、同社の統合型スイートの概要を説明する予定だ。また、BlueKai、Compendium、Eloqua、Responsys各社の買収についての説明とともに、自社のソーシャル関連製品の説明も行われる。同スイートは「Oracle Marketing Cloud」という名称になる見込みだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]