編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

「Windows XP」、企業の約40%が使用中--米調査

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-04-15 15:06

 IBM傘下のFiberlinkによると、企業の約40%が依然として「Windows XP」を使用しているという。このうち大手銀行2~3社がかなりの割合を占めている。FiberlinkはATMについて調査していないため、今回のデータはあくまでPCやノートPCを対象としたものだ。

 上記の大企業を除くと、全体の約25%程度の企業がWindows XPの使用を続けている。

 Fiberlinkで製品管理担当ディレクターを務めるChuck Brown氏は、企業は積極的にXPからの乗り換えを実施している、あるいは計画していると述べた。「こうした企業には独自ソフトウェアが多数存在し、切り換え作業はまだ終わっていない。たとえMicrosoftが今後はXPをサポートしないとしても、Javaを抱えているOracleや、Flashを抱えているAdobeといったサードパーティーはXPをサポートするだろう」(Brown氏)

 とはいえ、Brown氏は、XPの総数は毎週のように減少することが予想されると述べた。業界別にみると、米連邦政府関連部門がXPからの移行を最も迅速に進めており、金融部門でもXPの数が一気に減少するとみられている。また、航空および電力会社も大量のXPを使用している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]