タブレット活用POS「スマレジ」にRFIDの在庫管理機能--棚卸の手間を削減

NO BUDGET 2014年04月15日 17時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 プラグラムは4月15日、タブレットを活用したPOS(販売時点管理システム)レジ「スマレジ」に中小店舗向けにRFIDを活用した値札で在庫を管理する機能を9月にリリースすると発表した。この機能のリリースに先立ち、モニター企業の募集を開始した。

 スマレジは2011年から提供されているクラウドPOSシステム。iPadなどのタブレットを利用し、ネット経由で利用することで、大型レジスターや店舗サーバなどを不要とした。

RFID×スマレジ

 低価格で手軽に導入できることに加えて、複数店舗のリアルタイム売上一括管理、棚卸や店舗間移動にも対応する本格的な在庫管理機能をオプションとして用意するなど、顧客管理や在庫管理、勤怠管理などの機能拡張が進められており、総合的な小売飲食業向けシステムとして活用できるという。

 リリース予定のRFID在庫管理機能は、そうした機能拡張の一環。RFIDを埋め込んだ値札とiPad用RFIDリーダーで非接触で商品情報を識別、商品情報はスマレジの在庫管理機能で在庫を棚卸できる。

 主流であるバーコードスキャンより迅速に商品情報を読み取ることができ、棚卸や商品管理の手間を削減できるという。iPhone/iPad用RFIDリーダーは近年、低価格化が進んでおり、導入の初期コストも従来より抑えられると説明している。

 同社では、スマレジを使った在庫管理とRFID値札への切り替えをサービスパッケージ化することで、より店舗運営を簡略化し、効率化を進められると考ているという。

 モニター募集は「アパレルや小売業でバーコードで品番管理している」「スマレジと在庫管理オプションを利用中または利用予定」「在庫管理に困っている」「新機能についてのインタビューやフィードバックに協力可能」といった条件が付けられている。応募締め切りは4月末日まで。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算