編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
三国大洋のスクラップブック

IPO秒読みに入った中国アリババの横顔

三国大洋

2014-04-21 07:30

 今夏にも株式公開するとみられる中国eコマースの巨人Alibabaを今回は取り上げる。

 Alibabaが株式公開の申請書類をまもなくSEC(米証券取引委員会)に提出しそうだとか、米Yahoo!(Alibaba株式の24%を保有)の決算でAlibabaの好業績が明らかにされたとか、またそれを受けてソフトバンク(Alibaba株式の37%を保有)の株価も上昇、などといったニュースがこのところ立て続けに出ているが、「Alibabaってそもそもどんな会社?」という話がちょうど米ZDNetに出ていたので、これを中心にAlibabaについて目に留まった点や数字などをメモしてみる。

[How Big Is Alibaba? The $153B Question--Bloomberg TV]

 

Facebook以来の大型IPO

 まず、IPOで調達が見込まれる金額が推定150億ドルと、一昨年春のFacebook(約160億ドル)に次ぐ規模になる。時価総額は(売り出される株式の割合にもよるが、仮に全体の1割とすれば)約1500億ドルで、上記のZDNet記事でもWSJ記事に言及しながら「1500億ドル以上に達する可能性あり」としている。

 この規模の企業というのは無論、そんなにたくさんあるわけではなく、4月18日時点でFacebook(1501億ドル)、Amazon(1492億ドル)などと同じくらい。IBM(1978億ドル)、Oracle(1787億ドル)には届かないけれど、Qualcomm(1375億ドル)やIntel(1343億ドル)よりは大きい、ということになる。ただし比較対象としては、テクノロジ系というよりも、たとえばWal-Mart(2507億ドル)あたりと比べた方が適当かもしれない。

***

「Taobao」「TMall」「Alipay」の3本柱

 Alibabaの運営するショッピングモールはふたつ。一般向けの「Taobao(淘宝網)」(出店者=「店子」の数は約700万、取り扱いアイテム数は約7億6000万)、有名ブランド向けの「TMall(天猫)」(出店社数約7万)で、登録利用者数は合計約5億人、また2013年の年間取扱高は推定2400億ドル規模に達したという話もある。

 自社では在庫を持たず、広告料や手数料などで稼ぐビジネスモデルであることから、Alibabaの“売り上げ”自体は年間79億5000万ドル(2013年)と比較的少ない――一部在庫を持つAmazonの2013年売上高は合計744億5000万ドル――が、営業利益率が73%とかなり高く、2013年の純利益は35億2000万ドル。

 今後も成長を見込める中国のeコマース市場ですでに約8割のシェアを押さえているという点が、この利益率(を生むビジネスモデル)と並んで高い評価額につながっているように思われる。

 市場占有率の点では、Alibabaが運営する電子決済サービス「Alipay(支付宝)」の約7割というのも目を惹く。すでにPayPalなどを抜いて世界一のオンライン決済事業者だそうだ(WSJ記事、ただし具体的な数字は出ていない)。

 さらに、米国時間4月17日にNASDAQで株式公開したWeibo(いわゆる“中国版Twitter”)の株式18%を1年前に取得(5億8600万ドルを出資)していたことなどもよく目にする。

 株式公開の申請もこれからであるため、調達した資金の使途についてもまだ不明だが、WSJでは「比較的手薄な中国国内での物流網整備」などの可能性に言及している。

 ZDNetでは、Alibabaが1月に「1stdibs」という高額品(家具、宝飾品、アート、ファッション)を扱うeコマースサイトに出資したこと(出資額は1500万ドル)、米国市場で「11Main」というオンラインモール立ち上げの準備をしていることに触れている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]