編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ビットアイル、IaaS型BIサービスを発表--SQL ServerとMicrosoft Power BIを採用

山田竜司 (編集部)

2014-04-21 11:48

 ビットアイルは4月18日、IaaS型ビジネスインテリジェンス(BI)サービス「ビットアイルBIサービス powered by Power BI」(ビットアイルBIサービス)」を発表した。5月1日に提供を開始する。初期費用は20万円から、月額費用は税抜きで38万円 からとしている。

 ビットアイルBIサービスは、データ分析業務に必要となる基盤をIaaS型のサービスとして提供する。ソフトウェアとして、リレーショナルデータベース管理システムの新版「Microsoft SQL Server 2014 Enterprise」(SQL Server)と、Excelでデータ分析するために追加するツール群「Microsoft Power BI」(Power BI)を採用。SQL Serverと接続するストレージにはソリッドステートドライブ(SSD)を採用した。

 分析環境そのものをホスティングできる点や、ビットアイルが提供するデータセンターと連携し、柔軟なネットワーク設計が可能である点、高可用性を重視したサーバ構成で提供できる点などを特徴として説明している。

 BI環境を構築するに当たっての時間や初期投資を小さくできる。また、Excelをフロントエンドにデータの入出力、解析後の加工が可能なため、BIを活用するのに必要なツールへの習熟期間や教育費用も抑えられるとしている。


利用イメージ図

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]