編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

写真で見るIBMメインフレームの黎明--「System/360」発表50周年 - 5/13

Nick Heath (TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2014-04-29 07:30

 S/360の設計の多くは、当時存在していたコンピュータの100倍の速度で動作する製品を生み出そうとするIBMの1956年のプロジェクトに端を発している。

 IBMは、当時の新発明であるトランジスタを使用した「IBM 7030」というコンピュータをロスアラモス国立研究所向けに開発した。

 このマシンはパフォーマンス目標の達成にこそ至らなかったものの、現在のプロセッサ設計の中核でいまだ息づいている、アーキテクチャ上のさまざまな特徴の土台となった。このマシンは複数の命令を同時に読み取って解釈し、計算結果を予測し、最適な予測結果に従ってコードの投機的実行を行い、内部リソースの有効利用を推し進めるために未実行命令の先読みをすることもできた。

 写真は「System/360 model 40」を操作する女性。

 S/360の設計の多くは、当時存在していたコンピュータの100倍の速度で動作する製品を生み出そうとするIBMの1956年のプロジェクトに端を発している。

 IBMは、当時の新発明であるトランジスタを使用した「IBM 7030」というコンピュータをロスアラモス国立研究所向けに開発した。

 このマシンはパフォーマンス目標の達成にこそ至らなかったものの、現在のプロセッサ設計の中核でいまだ息づいている、アーキテクチャ上のさまざまな特徴の土台となった。このマシンは複数の命令を同時に読み取って解釈し、計算結果を予測し、最適な予測結果に従ってコードの投機的実行を行い、内部リソースの有効利用を推し進めるために未実行命令の先読みをすることもできた。

 写真は「System/360 model 40」を操作する女性。

提供:IBM

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]