編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

50代以上のLINEユーザーが倍増--ネット利用者調査

NO BUDGET

2014-04-23 18:32

 ニールセンは4月23日、スマートフォン視聴率情報「Nielsen Mobile NetView」とPC版インターネット視聴率情報「Nielsen NetView」のデータをもとに、2013年度(2013年4月から2014年3月まで)におけるインターネットサービスの利用状況を調査した結果を発表した。

 それによると、2013年度の1年間でPCからのインターネット利用者は約350万人(6%)減少し、2014年3月時点で5376万人となっていた。一方で、スマートフォンからのインターネット利用者数(アプリの利用とウェブサイトの訪問の両方を含む)は約1100万人(38%)増加し3978万人となっていた。


各スクリーンからのインターネット利用者数推移(2013年度)

 スマートフォンからのインターネット利用をカテゴリ別に増加率をみると、メーカーサイトや自動車関連情報サイトが含まれる「自動車」カテゴリの増加率が最も高く98%、次いで、カメラアプリや写真共有サイトが含まれる「写真機材、写真サービス」、宅配サービスを含んだ「行事、ギフト」カテゴリの79%となっていた。その他、アルバイト・就職・転職情報サイトを含む「教育・キャリア」や銀行やクレジットカードなどを含む「ファイナンス」カテゴリも44%とスマートフォンからの利用者全体の増加率(38%)よりも高くなっていた。


スマートフォンからのカテゴリ別利用者数・増加率(2013年度)

 性別、年代別の利用状況をみると、2013年度で利用者数が最も増加したのは35~49歳の女性で260万人(64%)増加、次いで20~34歳女性の240万人(30%)増加となっている。また50代以上の女性は、利用者数自体は全年代のなかで最少であったものの、増加率は2013年4月から倍増しており、全体的に女性利用者の増加が目立っていた。


スマートフォンからの性年代別利用者数・増加率(2013年4月、2014年3月比較)

 最後に、スマートフォンからの利用者数の多い上位10サービスに関して、その動向をみると、「LINE」「Amazon」で58%、「Twitter」で48%と全体の平均増加率38%に比べても高い増加率となっていた。LINEでは特に50代以上の男女の増加率が高く、若年層以外にも利用が広がり始めていることが分かった。通常、利用者数上位のサイトは全体に対する利用者割合が高いため、全体の増加率と同程度の増加傾向となることが多い中、この3サービスに関しては、依然スマートフォンからのインターネット利用者数全体の平均増加率を上回るペースで増加をしていることが分かる。


サービス別 スマートフォンからの利用者数・増加率(2013年度)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]