編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

“デジタル化”進む消費者--フロントサイドITに工夫を:アクセンチュア分析 - (page 2)

齋藤公二 (インサイト)

2014-04-25 11:42

 「若年層は、保険会社がうまくリーチできていないポテンシャルの高い市場だ。国内では若年時に加入した保険会社を継続して利用するという傾向があり、積極的に開拓することがのぞましい」(大窪氏)

 これを受けて林氏は、事業者が取るべきアクションとして以下の3つを挙げた。

  • 顧客との接点をクロスチャネルで設計し収益増加を図る
  • 顧客データを積極的に収集し、個別化した商品を開発する
  • 若年層へのアプローチを積極的かつ戦略的に行う

 アクセンチュアでは、この3つのアクションを支援する事業も展開している。たとえば、1つめのクロスチャネルの構築では、オランダAegonが導入しているモバイルデバイスを活用した保険サービス「Kroodle」がある。ソーシャルメディア上でのマーケティングから、ディスカウントやポイントプログラムといったサービスまでを一貫して提供することで、収益を拡大している。

 国内では、2つめと3つめのアクションに相当するものとして、東京海上日動の「ちょいのり保険」の事例がある。これは、単発のドライバー向けの保険で、加入期間中の無事故記録が通算され、通常の自動車保険に加入する際に保険料が割引になるというサービスだ。加入履歴サービスや潜在顧客を囲い込みなど、消費者のライフサイクルを踏まえた、戦略的なサービスとなっている。

フロントサイドでのIT施策が必要
消費者のデジタル化を踏まえたフロントサイドでのIT施策が必要と説く

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]