日本でも「Google Cloud Platform」を本格展開--「App Engineは特殊なPaaSではない」

中城朋大 (インサイト) 2014年04月25日 16時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IaaS/PaaS「Google Cloud Platform」が日本でも本格的に展開される。イベント「Google Cloud Platform セッション 最新技術と日本での展開について」の中で明らかにされた。

 Googleは、2013年末に台湾とシンガポールにデータセンターを開設し、Google Cloud Platformのサイトを日本語化するなど、日本展開を着々と進めてきた。イベントは、PaaSである「Google App Engine」に加え、IaaSの「Google Compute Engine」を本格展開することが中心となった。

 具体的には、App Engine上で仮想マシン(VM)を動作させる「Managed Virtual Machines(Managed VM)」、クラウドベースのDevOpsツールの展開、提供価格の値下げ、継続利用による価格の自動値下げなどだ。米国で3月25日に開催したイベント「Google Cloud Platform Live」で発表した内容を日本でも展開することなる。

 Google Cloud Platformは、App EngineやCompute Engineといったサービスと、MySQLの「Cloud SQL」、オブジェクトストレージの「Cloud Storage」、NoSQLの「Cloud Database」といったストレージサービスが主要な構成要素だ。それにくわえて、ビッグデータ分析の「BigQuery」やDNS「Cloud DNS」、MBaaS(Mobile Backend as a Service)「Cloud Endpoints」、機械学習向けAPI「Prediction API」といったサービスも展開する。

塩入賢治氏
グーグル エンタープライズ部門 クラウドプラットフォーム セールススペシャリスト 塩入賢治氏

 グーグル エンタープライズ部門 クラウドプラットフォーム セールススペシャリストの塩入賢治氏によると、これらは、そもそもGoogleが自社のサービスを支えるために開発したものであり、「検索エンジンの裏で動いているデータセンターとネットワーク、それらの上で動作している独自のソフトウェアとまったく同じものをユーザーが利用できるようにするもの」だという。

 ここで言う独自のソフトウェアとは、巨大なデータセットに対する分散コンピューティングを支援する「MapReduce」、データベースシステム「Big Table」、大量のデータを数秒で解析するプラットフォーム「Dremel」などがある。

 日本でも4月から価格変更が適応されているが、価格変更の理由としては「クラウドの特性である必要なときに必要なリソースをオンデマンドで入手できるという点に立ち返った」ことが大きいという。

 「数年契約でロックインされるというクラウドのあるべき姿でない状態を払拭したい。そこで、価格の複雑化を防いでシンプルにしていくことにした。複数年契約やデポジット制度を廃止し、使えば使うほど安くなるような価格体系である“Sustained-Use Discounts”を新たに取り入れた」(塩入氏)

 イベントでは、App EngineとCompute Engineについて、基本的なことから強化ポイントまでが解説された。App Engineが取り組むテーマは「アプリケーションを早く世の中に出せるような開発環境と実行環境を提供すること」「世界中からの秒間何万というアクセスがあっても落ちないインフラを提供すること」だという。

福田潔氏
グーグル エンタープライズ部門 クラウドプラットフォーム セールスエンジニア 福田潔氏

 「App Engineは特殊なPaaS環境だと思われている人がいるかもしれない。しかし、PythonやJava、Goに加え、PHPもサポートした。EclipseのプラグインとしてSDK(ソフトウェア開発キット)を提供しており、Eclipseから直接実装できるなど開発者が違和感なく使えるようになっている」(グーグル エンタープライズ部門 クラウドプラットフォーム セールスエンジニア 福田潔氏)

 もっとも、App Engineでは、RubyやNoSQLの「Redis」などは未サポートだ。そうしたニーズを解決できるのがIaaSのCompute Engineになる。ポイントは「Googleが提供する各種サービスと同じ仕組みを持ったデータセンターから提供していること。スケーラビリティ、スピード、安全性、グローバルレベルでのリソース利といった、GoogleのDNAを引き継いだIaaSだ」(同氏)

 Compute Engineの機能的な特徴としては「高速なインスタンス起動」「高性能永続ディスク」「高速なネットワーク」がある。“高速なインスタンス起動”というのは、クラスタのサイズを増やしても1VMあたり20~40秒程度で起動できること。要件に応じて素早くリソースを割り当てられるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
デジタル“失敗学”
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]