決算サプライズ銘柄の売り買いが目立つ

ZDNet Japan Staff 2014年05月01日 11時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月決算の発表が佳境に入っている。楽天証券経済研究所のチーフ・ストラテジスト、窪田真之氏の分析によると、今は、短期資金が「決算プレイ」といわれるトレードを盛んにやる時期だという。今回は、ネガティブサプライズ銘柄(失望される決算を発表した銘柄)をすばやく売って下がったら買い戻すのが主流という。

 もちろん、ポジティブサプライズ銘柄(好感される決算を発表した銘柄)はすばやく買って、上がったら売るトレードもあるが、今回は、ネガティブサプライズが多くなっている。

 決算発表で注目されるのは、新年度(2015年3月期)の業績予想だ。会社発表の予想が、アナリストのコンセンサス予想を大きく下回っているもの、大きく上回っているものが決算プレイの対象になる。

28日発表の決算サプライズ銘柄

 休暇明け30日の日経平均は、15円高の1万4304円だった。方向感のない相場だったが、28日に決算を発表した銘柄には売り買いが膨らんだ。以下が28日に決算を発表した主要企業だ。


今期(2015年3月期)連結経常利益の会社予想と市場予想比較

 表をご覧いただけるとわかる通り、28日発表の今期予想が市場予想を下回った銘柄の多くが値下がりしてる。

 ただし、パナソニックの値下がりは、0.1%減と小さくなっている。パナソニックの発表した今期予想は、必ずしもネガティブと市場には受け止められていない。会社発表した経常利益予想が市場予想を下ぶれたのは、事業構造改革費など1900億円を営業外費用に計上するためだ。会社の収益体質を強化するための前向きの費用と捉えることができるので、大きく売り込まれることはなかった。

予想通り、日銀の追加緩和はなし

 25日、4月の日銀政策決定会合の結果が発表された。追加緩和はなかったが、事前予想通りなので、市場で特に材料視されなかった。

 今日も、決算発表で個別銘柄が売り買いされる「決算プレイ」だけが相場を動かす材料となる展開が続きそうだ。

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算